横浜・新横浜・関内の高級デリヘル店最新ニュース

横浜・新横浜・関内のキャスト動画

もっと見る

横浜・新横浜・関内エリアのご紹介

日本で二番目に人口が多い政令指定都市「横浜市」。

幕末に開港された横浜港を擁する港湾都市で、
多くの市民が東京都へ通勤・通学するベッドタウンでもあります。

横浜を語る上で欠かすことのできない「みなとみらい」。
正式名称は「横浜みなとみらい21」で、横浜都心部の一体化と強化を目指したウォーターフロント開発が進められている地域です。

横浜みなとみらい21の中核を担うのが「横浜ランドマークタワー」。
超高層ビルとしては大阪市の「あべのハルカス」に次ぎ日本で二番目の高さを誇り、
69階(地上273m)にある展望フロア「スカイガーデン」からは、晴れた日に富士山を望むこともできます。

同じくみなとみらいにあるデートスポット「よこはまコスモワールド」は、
夜景に映える大観覧車やジェットコースター、メリーゴーランドなどが楽しめる大人気のテーマパークです。

また横浜を代表する観光スポット「赤レンガ倉庫」は余りにも有名で、
明治・大正時代の情緒漂う煉瓦造りの建物が人気を博し、1年を通して様々なイベントが開催されています。

テレビのグルメ番組でもよく紹介されている「横浜中華街」。
取材殺到の高級中華料理店からお財布に優しい大衆店まで600件以上の飲食店が建ち並び、
本格料理や飲茶など様々な中国の食を楽しむことができます。

家族でもカップルでも楽しめる「カップヌードルミュージアム」は、
世界に二つとない自分オリジナルのカップヌードルを作れる体験型食育商業施設となっています。

昭和5年3月に関東大震災の瓦礫を埋め立てて作られた「山下公園」。
園内からは横浜ベイブリッジや横浜港を行き交う船の眺めを楽しむ事ができます。

横浜のシンボルタワーでもある「横浜マリンタワー」。
1961年、横浜開港100周年の記念事業として建設されたタワーで、360度パノラマから見える景色は絶景です。

氷日本郵船が1930年にシアトル航路用に建造した貨客船「氷川丸」。
当時最新鋭の船として竣工しましたが現在は博物館船として一般公開されており、国の重要文化財に指定されています。

東海道新幹線が停車し、港町・横浜市の玄関口となる「新横浜駅」。
駅周辺にはオフィスやホテルが建ち並び、
試合やイベントなどがある時は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)・横浜アリーナへ向かう人々で混雑します。

ヨコハマの光と影を抱える街「関内」。
横浜は様々な人が集まる「ハイカラな港町」ですが、とりわけ関内に集う人々は独特の雰囲気を醸し出しており、
関内駅北口からすぐの「伊勢佐木町商店街(通称イセザキ・モール)」を歩いていると、
まるで出店の並ぶ香港の商店街にいるような錯覚に陥ることがあります。

関内駅からすぐの横浜公園内には野球場「横浜スタジアム」があり、
試合当日になると駅周辺は横浜ベイスターズファンでごった返しています。