難波の高級デリヘル店最新ニュース

難波の高級デリヘル店一覧

7

難波の新人女性

難波のキャスト動画

もっと見る

難波エリアのご紹介

大阪の二大繁華街の一つミナミの玄関口である「難波」。

大阪府民からは「NGK」の愛称で親しまれている、
お笑いの殿堂「なんばグランド花月」が有名です。

若手芸人から大御所まで、
年中休まず漫才・落語・吉本新喜劇などの公演が毎日行われています。

2003年にオープンした巨大複合施設の「なんばパークス」は、
大阪球場の跡地に建てられました。

段丘状の造りも珍しく、
大阪市内最大のシネコンや高島屋をはじめ、
ショッピングからアミューズメントに飲食まで、
丸1日いても楽しめるスポットとなっています。

ミナミを代表する地下街「なんばウォーク」。

様々なショップが約270店舗集まり、
リニューアル以前は「虹のまち」として親しまれていました。

また多目的スペースの確保を目的とし5つの広場が設置され、
美術・音楽・ミニウォータフロントなどを楽しむことができます。

地上3階にプラットホームがある難波駅の真下に展開している「なんばCITY」。

ショッピングセンターとして多くのショップが入っていますが、
中でも「なんばガレリア(旧ロケット広場)」が有名です。

広場にあったロケットは1977年に日本初の静止衛星「きく2号」を打ち上げた「N-Iロケット」の等身大模型(約33m)で、
2000年頃を境にポケットベルや携帯電話の普及により待ち合わせ場所としての役割を終え、
引き取り手がなく2007年8月23日に撤去されました。

2009年、この場所を南海グループが「なんばガレリア」と命名し、
同年10月16日正式に「なんばガレリア」としてオープンしました。

秋元康プロデュースによるアイドルグループ「NMB48」のホームグラウンド「NMB48劇場」。

グループ結成当初(2010年)は専用の劇場がなかったものの、
同年に閉館した「base the よしもと」の跡地を活用する形で、
2011年1月1日に念願のオープンとなりました。

川に沿ってグリコサイン、かに道楽本店、づぼらや、中座くいだおれビル、金龍ラーメンなど、
多種多様な店の看板であふれている「道頓堀」。

ドン・キホーテ道頓堀店にある「道頓堀大観覧車(えびすタワー)」も有名ですが、
2018年に復活を遂げるまでの10年間、長きに渡り無用の長物と化していました。

リニューアルしてからは「あべのハルカス」の先までも眺望可能で、
世界初の楕円形観覧車として現在も人気を博しています。