鶯谷の高級デリヘル店最新ニュース

鶯谷エリアのご紹介

上野駅と日暮里駅の間に位置し、
全29駅あるJR山手線沿線の中で最も利用客が少ない鶯谷。

所謂大人の歓楽街というイメージが強く、
近くにはソープランド街として有名な「吉原」があり、
駅北口と南口にはおよそ65軒のラブホテルが密集しています。

そんな世間的に負のイメージが先行している鶯谷ですが、
明治期から昭和初期にかけては著名な文学人たちが住んでいたことでも知られており、
彼の俳人「正岡子規」が愛した街でもあります。

下町の別荘地帯と言われた根岸には、
廃藩置県を行った政治家「陸奥宗光」の別邸も残っています。

鶯谷駅から徒歩5分ほどの場所には上野恩賜公園があり、
園内の博物館や動物園は連日盛況を博しています。

また2019年3月16日には北口が無人改札になったことで景観や治安への悪影響が懸念され、
近隣住民からの不満が高まっているようです。