新宿 AV女優のいる高級デリヘル新着情報

新宿のキャスト動画

もっと見る

新宿エリアのご紹介

近年は訪日外国人のインバウンド観光スポットとして名高い新宿エリア。

1日の平均乗降者数は約347万人(2016年)と、世界一(ギネス世界記録に認定)多い駅が新宿駅です。
更に地下道などで接続する西武新宿駅・新宿西口駅も合わせると約371万人(2016年)となり、これは横浜市の人口にも匹敵するほど。

バブル景気の最中に計画された当時日本一の超高層ビル「東京都庁」も有名ですが、
「バベルの塔」を捩り「バブルの塔」、投入された税金の多さから「タックス・タワー」などと揶揄されることも。

新宿新都心(副都心)と呼ばれる西新宿の超高層ビル街は、
今までオフィス街のイメージが強かったものの、
「西新宿三丁目西地区市街地再開発」等の影響もあり‘職住近接’へと変貌しつつあります。

スタジオとしての使用は2016年3月31日をもって終了した「スタオジアルタ」。
2014年3月31日の最終回まで32年間続いた「笑っていいとも!」の収録スタジオとして広く知られています。
またアルタ前は待ち合わせスポットしても有名です。

日本全国に関連会社を含め12店舗展開する「伊勢丹」は新宿本店が売り上げの6割を占めており、
1968年(昭和43年)にオープンしたメンズ館の成功で、紳士服は売れないという業界のジンクスを打ち破りました。

老若男女が犇めく巨大歓楽街「歌舞伎町」。
飲食店・遊技施設・映画館などが所狭しと軒を連ね、「眠らない街」と呼ばれています。

東京都新宿区歌舞伎町1丁目の新宿コマ劇場および新宿東宝会館(新宿プラザ劇場)の跡地に建設された複合インテリジェントビル「新宿東宝ビル」は、
「旧新宿コマ劇場」が業績悪化と建物の老朽化を理由に閉館し、東京の新たなランドマーク「ゴジラヘッド」と共に2015年3月25日竣工しました。

凡そ2000坪ほどの狭い区画に低層の木造長屋が連なる飲食店街「ゴールデン街」。
バブル崩壊以降、一時はゴーストタウンと化していましたが、近年は外国人観光客が足繁く訪れ賑わいを見せています。

芸能人も足繁く通う「新宿二丁目」は、セクシャルマイノリティーが集うアジア最大のゲイタウンとしても有名です。
北は靖国通り、南は新宿御苑に挟まれた街で、一時の排他的な雰囲気は既になく、女性1人でも気軽に遊びに行ける街へと変化を遂げました。

新宿エリアの風俗情報

新宿の風俗は、眠らない街として知られる「歌舞伎町」なしには語れません。

キャバクラやホストクラブといった大人の社交場を始め、
飲食店や娯楽施設が所狭しと軒を連ね、
一晩中ネオンの光が街を囲んでいる歌舞伎町。

時は遡り1945年の東京大空襲で一面焼け野原となったのですが、
石川栄耀さんらにより歌舞伎の演舞場が建設され、
それを発端とし多くの芸能施設が建ち始め、
「新東京の最も健全な家庭センターを建設する」という都市計画の下、
現在の歌舞伎町と名付けられました。

その後たくさんの娯楽施設が建ち並び、
一時は「東洋一の歓楽街」と呼ばれていたこともありましたが、
今に至るまで風俗色の強い街並みへと変貌を遂げ、
「欲望の迷宮都市」などと揶揄されるようになりました。

そんな新宿歌舞伎町ですが、
風俗店のジャンルは多岐にわたり、
ファッションヘルス、ソープランド、ピンクサロン、のぞき部屋、ホテヘル、デリヘル、
などなど色々なタイプのお店を楽しむ事ができます。

中でもデリヘルは店舗数の増加と共にその特色も進化し、
近年では高級デリヘルの出店が相次いでいます。

部屋から広がる素晴らしい眺望が魅力の「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」を始め、
東京ディズニーリゾート・グッドネイバーホテルである「京王プラザホテル」や、
四季折々の眺めが楽しめる新宿中央公園に面した「ハイアットリージェンシー東京」などの高級ホテルがありますので、
東京の夜景を一望しながらラグジュアリーなひと時を楽しんでみるのもオススメです。