大阪 マダム系のいる高級デリヘル新着情報

大阪の高級デリヘル(マダム系)一覧

3

大阪の新人女性

もっと見る

大阪のキャスト動画

もっと見る

大阪エリアのご紹介

全国各地から様々な食材が集まる天下の台所「大阪」。

西日本最大の都市として名高く、
「大阪の食い倒れ」ということわざが生まれるほど、
同地の食文化には目を見張るものがあります。

名物のグルメには《たこ焼き》《焼きそば》《お好み焼き》《串カツ》《てっちり》《ステーキ重》《タマゴサンド》などがありますが、
中でも《たこ焼き》は西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉が創始者とされており、
梅田・難波・道頓堀エリアだけでも多くの店舗がひしめき合っています。

2014年には日本初のスーパートール「あべのハルカス」が開業し、
横浜ランドマークタワー(296m)の高さを抜き、
2019年現在、日本で最も高いビルとなっています。

また高さでは「あべのハルカス」に遠く及びませんが、
関西人には馴染み深い有名な観光名所に「通天閣」があります。

5階の展望台には「ビリケン像」が置いてあり、
《足の裏を触るとご利益がある》「ビリケンさん」の愛称で親しまれています。

大阪でその名を知らない人はいない、球団「阪神タイガース」。

日本に現存する野球球団の中で「読売ジャイアンツ」に次ぎ2番目に歴史が古く、
阪神ファンの応援は熱狂的なことで有名で、
その中でも特にアツいファンは「トラキチ」などと称されることもあります。

彼の「スティーヴン・スピルバーグ」が総監督を務め、
ハリウッド映画の世界を余すところなく体験できるテーマパークとして、
2001年にオープンした「USJ(Universal Studios Japan TM)」。

オープン初年度から来場ゲスト数が1000万人を突破し、
当時開園以来世界最速ペースで1000万人到達を記録しました。

しかしながら当テーマパークがオープン当初に掲げた「映画専門店」というコンセプトが徐々に客足を遠退かせ、
開園史上2度目の1000万人を達成するまでは長い間不振に陥っていましたが、
2013年度に「エンターテイメントのセレクトショップ」へと変貌を遂げると、
8年連続で値上げをしながらもV字回復を達成しました。

その成長ぶりは目覚ましく、2014年には過去最高の1200万人を突破。
2015年には「東京ディズニーシー」を抜いて1390万人となり、
2016年単月としては過去最高の175万人を超え、遂に「東京ディズニーランド」を抜きました。

大阪エリアの風俗情報

西日本最大の歓楽街とも言える大阪の風俗は、
デリヘルがメインの新大阪・西中島、《キタ》エリア一の風俗街梅田、
ミナミで最も賑わう風俗街難波、ホテヘル・デリヘルが人気の京橋、
ホテヘル激戦区の日本橋、大阪の穴場とも言われる谷町九丁目、
極上風俗エステも楽しめる天王寺・阿倍野、最も有名な日本最後の現役遊郭飛田新地、
ホテヘルが賑わう堺・堺東、SMクラブやピンサロが人気の十三・塚本、
と各エリア毎にその特色が多種多様です。

中でも現存するちょんの間として日本最後の遊郭である飛田新地は、
風俗フリークなら生きているうちに一度は行ってみたいと言われる程、余りにも有名です。

1912年に発生した「ミナミの大火」により難波新地乙部遊廓が全焼し、
廃業と移転を余儀なくされた業者たちによって築かれました。

国の登録有形文化財として登録されている「鯛よし百番」は、
遊郭として建てられた当時の建物を現在でも料亭としてそのまま使っており、
大正建築美術の豪華絢爛な装飾の名残が味わえるため、
飛田新地に足を運んだ際はぜひとも立ち寄ってみたい再生古民家の一つです。

また大阪も東京と並んで高級デリヘルの激戦区になっており、
様々なコンセプトのお店が凌ぎを削っています。

オススメのシティホテルには伝統的なジョージアンスタイルで、
18世紀の貴族の邸宅を彷彿させる「ザ・リッツ・カールトン大阪」、
大阪の迎賓館とも呼ばれている「リーガロイヤルホテル」、
スーパーブランドブティック「ヒルトンプラザ大阪」と共に
高級感あるエリアを形成している「ヒルトン大阪」などがあります。