池袋・大塚・目白 マダム系のいる高級デリヘル新着情報

池袋・大塚・目白の高級デリヘル(マダム系)一覧

3

池袋・大塚・目白のキャスト動画

もっと見る

池袋・大塚・目白エリアのご紹介

新宿・渋谷に並ぶ山の手三大副都心の一つ、池袋。

池袋駅は西武池袋線・東武東上線を中心に8路線が乗り入れるビッグターミナル駅であり、
主に東京都西部や埼玉県南西部からの利用客が多いエリアとなっています。

駅東側に位置し「サンシャイン60」を擁する「サンシャインシティ」は余りにも有名で、
「サンシャイン水族館」や餃子スタジアム「ナンジャタウン」にプラネタリウム「満天」など、
様々な施設から成る日本初の複合都市です。

所変わって池袋西口公園前に位置する「東京芸術劇場」には4つのホールがあり、
大ホールではオーケストラ、中ホールでは演劇・ミュージカル・バレエ・舞踊・小規模なオペラ等が楽しめ、
小ホールは多目的ホールとして様々な舞台表現が可能となっています。

また2020年夏には、
個性が異なる8つの劇場を備える超高層ビル「ハレザ(Hareza)池袋」がオープン予定で、
ミュージカルや伝統芸能、アニメ、サブカルチャーに加え、
低層部には座席数約1700席を有する映画館「TOHOシネマズ池袋(仮称)」も入り、
非常に楽しみな新複合商業施設となっています。

池袋と同じく豊島区内に位置する大塚エリア。

豊島区は2014年に消滅可能性都市と指摘されて以来、
持続発展都市を目指した対策により少しずつ年少者の人口が増え、
2017年には共働き子育てしやすい街ランキング総合編で遂に1位となりました。

そしてその大躍進は、大塚駅前の整備計画が無ければ成し得ませんでした。

2017年には南口駅前広場が完成し、
2020年東京オリンピック・パラリンピック開催までの完成を目指し、
2019年7月より北口大規模整備工事が着工予定となっています。

大塚エリアとは反対側、豊島区西部に位置する目白エリア。

その大部分は閑静な住宅地ですが、
とりわけ有名なのが目白通り沿いに位置する大庭園「椿山荘」です。

敷地内には大規模な宴会施設を持つ「ホテル椿山荘東京」が併設されており、
格式高い結婚式場として数々の著名人たちが挙式を執り行ってきました。

また目白には「永青文庫」や「講談社 野間記念館」、
「佐伯裕三アトリエ記念館」や「中村彝アトリエ記念館」など、
いつもと少し違うルートで歩いてみると美術館や画家のアトリエも幾つかありますので、
お洒落な街で美術に触れてみるのもまた一興ではないでしょうか。

池袋・大塚・目白エリアの風俗情報

池袋は昔ながらのファッションヘルスやソープランドも多数存在する、
東京一の風俗タウンです。

店舗型を中心にコンセプト重視のお店が多く、
今ではかなり数も減りましたが未だにイメクラなども人気があります。

店名もさることながら、
コンセプト通りのプレイ内容には目を見張るものがあり、
衣装やシチュエーションの教育に余念がありません。

そんな中、激戦区の価格帯には及びませんが高級系のデリヘルもでき始めており、
徐々にユーザーからのニーズも高まってきています。

おすすめのホテルには、
城北地区唯一のグランドホテル「ホテルメトロポリタン」、
サンシャインシティに隣接した「サンシャインシティプリンスホテル」
などがあります。

大塚はお隣の巣鴨と共に昭和から都内のピンサロを牽引してきた、
言わずと知れたピンサロの聖地です。

時代が移り変わってもその姿は昔のままで、
古きよき時代の昭和サロンからハード回転、多回転、ヤングサロンまで数や質もかなり豊富です。

ヘルスやイメクラの台頭により一時人気は落ち着きましたが、
ピンサロ人気の復活とともに年々この聖地を訪れる勇者が後を絶ちません。

また大塚は人妻店の聖地でもあります。

大塚でデリヘルを検索すれば、
ヒットする店の7割以上が人妻店と言っても過言ではありません。

ホテルはラブホテルがメインになりますが、
人妻との疑似不倫を楽しむには申し分ないですね。

池袋の西側に位置する目白には、風俗店がほとんどありません。

大学などがあり学生の街というイメージが強く、
お小遣い稼ぎにバイト感覚でデリヘルをやっているという女の子も多いそうです。