木村くみこ「人妻専門ミセスレヴォアール~再会~」

お気に入り追加
  • 礼儀正しい優しげな微笑みが魅力的なミセスの入店です。

    路上で待ち合わせた夕下がり。
    晩秋の清々しく晴れ渡った空が突き抜けるかの様な日中から
    僅かに時が流れただけなのに、すっかり陽は落ち
    晴天から釣瓶落としの薄暗い夕刻。
    秋の日は釣瓶落としとはよく言ったもので、
    宵の口にも関わらず通る車は前照灯をすでに灯している。

    センスの良いカーキ色のロングコート
    とても不安げに静かに周りを見渡し首を振る。
    サラサラの少し茶がかかった明るめの髪を揺らす姿に、
    胸がときめく。

     『あの方だったら嬉しいな』

    道端での待合わせで、
    もう、すでに灯っている街灯が僅かに顔を照らすかどうかという
    絶妙の立ち位置。控えめな性格が心地よく伝う気遣い。

    お声をお掛けすると、
    テールライトに照らされたのか、上気しているのか、
    ほのかに紅らんだ優しい気な上品な笑顔が移ろう。

    スッと麗し気な黙礼が礼節をわきまえていらっしゃるであろうと、
    容易に窺い知れる素敵な女性に出会えました。

    とても緊張されていたのか、
    何度も何度も粗茶を促すと、
    会釈をしながら容器を唇に触らわせ、
    3口、4口とそれはそれはおいしそうに喉元を...

    喉頸を伝う度に揺らぐしなやかなうなじからのラインに見入ってしまう...

    こんな姿を毎日眺める御主人様が羨ましく
    下世話な話しを憧れのような欲のままに伺うと、
    いたずらっ子っぽい、妖艶な笑みを浮かべながら、
    「セクハラ...」
     と、言い終わるか終わらぬかで、

    『仕事だから伺うのです』と必至に弁明をしてしまう。

    頬を赤らめながら、
    屑屑と仲の良さや家族としての連れ合いの話しを
    要は、そうゆう男女の営みはないのだと訴える、
    心の中で安堵しつつもこの安堵は何者なのか、
    喉奥が酸っぱくなるような思いで、
    他愛もない世間話に話題は流れるも、

    小洒落たスカート膝元の裾から、
    暗がりに伸びうる綺麗なしなやかな脚を脇目で辿り、

    その潤やかな唇に口元を交わして、
    乱れていく姿を想像してしまうのです。

出勤予定

  • 12/5(土)

    -

  • 12/6(日)

    -

  • 12/7(月)

    -

  • 12/8(火)

    13:00 - 19:30

  • 12/9(水)

    -

  • 12/10(木)

    -

  • 12/11(金)

    -

人妻専門ミセスレヴォアール~再会~の女性一覧

全73人 本日の出勤15人
※12月05日(土)の出勤情報(AM6:00に更新されます)
在籍一覧へ

スマホ版QRコード

  • 人妻専門ミセスレヴォアール~再会~の「木村くみこ」の情報をスマートフォンからもご覧頂けます。
    スマホ版はQRコードをご利用下さい。
  • 横浜・新横浜・関内の人妻専門ミセスレヴォアール~再会~-QRコード