森泉裕子「club IRIS【クラブアイリス】東京」

  • 素敵な出逢いを求めて都会に迷い込んだ人魚姫。
    水泳インストラクターをされている清廉なお嬢様のご入店でございます。

    歩けるようになる前からスイミングスクールに通っていたという彼女。初めは健康な子に育ってほしいというご両親のご意向で通い始めたようですが、数字が示すとおりの恵まれたボディと天与のセンスにより瞬く間にその才能を開花させ、中学生の時には強化指定選手に選出されたとか。

    そんな五輪をも夢見た彼女に転機が訪れたのは、高校生の時でした。
    同級生の男子に淡い恋心を抱き、半年間悩んだ末に勇気を出して自ら告白したのですが、残念ながらその恋は成就できませんでした。その出来事をきっかけに、彼女の中に女性としての自我が芽生えたのか、周りから見ると羨ましいばかりの鍛え抜かれたボディにコンプレックスを抱えるようになってしまったそうです。水泳と恋愛、食事も喉を通らない程悩んだ挙げ句、スイマーである前に一人の女性として人生を謳歌したいと、周囲の反対を押し切り、潔く競泳の世界を退くことを決断しました。

    それから約2年間はプールに近づくことすら出来なかったそうですが、地上より水中の方が居心地が良いという彼女は、水の神に導かれ、いつしか指導者を志すことに。ブランクを心配していた彼女ですが、自然と視線を集めてしまう類稀なる美貌、周囲を温かく包み込んでくれる優しい心根、そしてブランクを微塵も感じさせない高い技術で、生徒たちの信望を集めるのにそう時間はかかりませんでした。自らが道半ばにして諦めてしまった夢を託するその生徒たちの期待に応えるべく、より高度なコーチングを学ぶ為の海外留学を目指し、この度のご入店となりました。

    色気を帯びた黒目がちな瞳、
    すらりと通った鼻筋、
    桜桃のように艶やかに膨らんだ唇。
    女優『真木 よう子』さんを彷彿とさせる艶やかなお顔立ちで、その華やかな微笑みを一度目にされた方は、皆彼女の虜になってしまうことでしょう。

    そして、筋肉の鎧を脱ぎ捨て、露になったプロポーションの素晴らしいこと。
    競泳用の水着では収まりきらない程の形の良い美乳、
    美しくしなやかに伸びる御御足、
    全身を覆いつくすしっとり皇かな白磁の肌。
    思春期に求めて止まなかった女性らしい曲線美を手に入れた彼女を拝見していると、あの時の選択は間違いではなかったことを確信します。

    『純愛』、それは自分よりも自身が愛した人の幸せを願うこと。
    あの“人魚姫”を思わせる彼女のひたむきな愛を、どうか受け止めてあげてください。

出勤予定

  • 5/26(土)
    -
  • 5/27(日)
    14:00 - 18:00
  • 5/28(月)
    -
  • 5/29(火)
    14:00 - 18:00

club IRIS【クラブアイリス】東京の女性一覧

※5月26日(日)の出勤情報(AM6:00に更新されます)
もっと見る

スマホ版QRコード

  • club IRIS【クラブアイリス】東京の「森泉裕子」の情報をスマートフォンからもご覧頂けます。
    スマホ版はQRコードをご利用下さい。
  • 銀座のclub IRIS【クラブアイリス】東京-QRコード